ほうれい線もたるみの1つ、予防法は?

ほうれい線は顔の中でも良く目立つしわの1つです。
このほうれい線があるのかないのかでは、見た目年齢も違うところか、最低でも5歳は差が出る事があるようです。
ほうれい線の原因にはいろいろな原因があり、大きく分けてハリや弾力の低下、表情筋の衰え、乾燥等があります。
これらは、たるみの原因とほぼ同じ条件であり、ほうれい線が出来ると言う事はたるみ始めていると言う事でもあるのです。
ほうれい線を防ぐ、または予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

乾燥を防ぐ

基本的にはたるみを予防する場合と同じような事になります。
目には見えませんが、肌は肌表面を乾燥から守るために肌内部の水分を常に蒸散させているものです。
その為、スキンケアをする時には十分な水分補給を心がける事が大切になるのです。
普段から、室内の湿度を調整する事も大切ですし、保湿スプレー等を持ち歩き、乾燥から守るために定期的に顔にスプレーするのも良いでしょう。

紫外線から守る

紫外線は空から浴びるだけでは無く、地面からの反射等も存在しています。
その為、360度から紫外線を浴びないように工夫する事が必要となるのです。

ストレスを上手に発散させる

ストレスは肌トラブルの原因にもなります。
強いストレスを受けると、ホルモンバランスを崩す事になりますので、肌のターンオーバーも乱れる事になります。
そうなるとたるみやすくなり、ほうれい線にも影響を及ぼす事があります。

喫煙者は禁煙を!

reargae
喫煙は、百害あって一利なしと言いますが、まさにその通りで、皮膚の働きを衰えさせる事に繋がります。
また、肌の栄養として必要なビタミンC等も壊す事が分かっていますので、出来るだけ禁煙するよう心がけたいものです。
フェイスラインのたるみが気になると言う方は意外にも多いのではないでしょうか。
実はフェイスラインと言うのはたるみがあると、それだけで顔が一回り大きく見えるし、陰影によっては、より一層老けて太って見えるものなのです。
そのフェイスラインをすっきりさせるには、いろいろな方法がありますが、やはり1番効果的なのはマッサージなのだそうです。

保湿力の高いマッサージクリームやゲルを使用する事がコツ!

洗顔後に保湿力の高いマッサージクリームやゲル等を使用して、顔全体と首回りをぐるっと伸ばして馴染ませます。
この時に使用する量の目安としてはブドウ、例えば巨峰やマスカットのような大粒のブドウ一粒分程度が良いと言われています。
こんなに使うの?と思うくらいが丁度良いので、だまされたと思って使ってみてください。

順番は首からが基本

フェイスラインのたるみ解消マッサージは、フェイスラインの老廃物を流してやる事が最大の目的になるので、首からマッサージする事が基本になります。
首筋のリンパを上から下へ撫でおろして流す事により、あごのラインの老廃物も流れやすくなると言う仕組みなのです。
あごのラインには親指を使って耳へ向かって撫でてあげる事で老廃物を流してやる事が出来ます。
痛気持ちいいくらいの刺激が丁度良いと言われていて、その加減は様子を見ながら自分の感覚を掴むようにすると良いようです。
あごの下をなぞり、あご先の方から、耳の下の方にかけてリンパを流すと言うような雰囲気で行う事が良いと思います。
目に見えないので、何とも言えない感覚になる事もあると思いますが、毎日継続していく事で、フェイスラインがすっきりしてくる、と言った効果を実感する事が出来るでしょう。

目元のたるみを改善したい方に!

目元の”たるみ”解消
■肌たるみ改善治療|美容皮膚科を東京でお探しなら広尾プライム皮膚科
■http://www.hiroo-prime.com/menu/question/lift.php

what's new

2015/10/17
ほうれい線もたるみの1つ、予防法は?の記述変更
2015/10/06
たるみ解消の為のダイエット計画の立て方を新規追加
2015/10/05
たるみを見えにくくするアイメイク法を新規追加
2015/10/04
たるみを改善するための食事と摂取方法を新規追加
2015/10/03
たるみは遺伝するのでしょうか?を新規追加
2015/10/02
サイトマップの記述変更
2015/10/02
運営者情報の記述変更
2015/10/02
たるみの内的要因とは?を新規追加

検索フォーム

アーカイブ

たるみ改善